部屋とワイシャツとタカシ

声優沼から出れなくなってしまった生粋のジャニオタが書いてます。

WORLDISTAの主観考察によるいくつかのヲタク語り

本日はこちら

お題「NEWSアルバム『WORLDISTA』レビュー」
今年もお借りしました!


今年もNEWSのアルバムの季節がきた!

通常盤しか買わなかったことを大変後悔する1枚でした。
謎解き要素の多いアルバムなのでいろんな人が考察を書いててめちゃくちゃおもしろい!
NEWSから離れていた時間が長くあまり考察できてないばかりか、ただのヲタク語りになってしまいました。何でも許せる方向けですので、どうぞ体調のいい時にご覧ください。

主観考察によるヲタク語り

CASINO DRIVE
作詞:AKIRA 作曲Takuya Harada, Josef Melin 編曲 Josef Melin

Chitty bang!が印象的な1曲。こういったセクシーだけどワイルドな曲ってNEWSくらい世代が歌うとすごくリアリティが増すというかワ〜〜ッ!リアル!すこ!ってなってしまいますね(語彙力を途中で失う)日本にはまだカジノが無いのでなにかの比喩だと思って想像するのも面白い。

ちょっとくらい危険じゃなきゃ
燃えないタチなんでごめん
Tonight I'll be the luckiest man

1サビAメロの加藤さんの部分すごく好きでいろんな情景が想像できて楽しい。
CASINO DRIVEの歌詞の中で誰か(相手)に語り掛けるような口調の歌詞ってAメロの加藤さんの部分だけなんですよね。そういうのさぁ〜〜似合っちゃうのさぁ〜〜ずるいよね〜〜〜〜


インビジブル ダンジョン
作詞:栗原暁(Jazzin'park) 作曲:☆Taku takahashi(m-flo), Mitsunori Ikeda(Tachytelic)
栗原暁(Jazzin'park)、久保田真悟(Jazzin'park)
編曲:☆Taku takahashi(m-flo), Mitsunori Ikeda(Tachytelic)

タイトルからしてちょっとおどろおどろしいイメージがあったのですが、
心地いいテンポとサビの中毒性!これはshabu。
タイトルの直訳はたぶん見えない地下牢(or迷宮)になるのでなにかから逃げ惑うイメージなのでしょうか・・・きっとアーバンライクなダンジョンなんでしょうね・・・
主観でいうとインビジブルには、アダムスミスのインビジブルハンズ(神の見えざる手)が、ダンジョンにはドラクエとかフリースタイルダンジョンがぱっと思い浮かびました。

見失ったTarget 撃ち尽くしたbullet
前も後ろも見えない Survivalダンジョン
本気で壁Break it
Do again and again 目指すはNext stage

2番Bメロなんて歌詞だけ見るとごりごりのFPSなんかな・・・加藤さんて無駄撃ちしなそうだな(主観)スコープのついたライフルとか使うんですかね・・・小山さんはきっとマシンピストルなんだそうだ(主観)フラッグ戦でチャーリー制圧してるからアルファお願いって言われるんだ(主観を超えた妄想)って想像できるけど実際ものすごく爽やかに歌い上げるからすごい。NEWSすごい。


第一チェックポイント
脚本:高橋拓 作曲・編曲:Taku☆takahashi(m-flo)

NEWSの立ち位置が曖昧でどういう立場なんだ?という考察を見て私が1つ思付いたのがモンハンの受付嬢でした。(MHWしかプレイ経験がないのですが)
冒頭に共に遭難し危機を脱出する受付嬢と呼ばれる女性が相棒となりチュートリアル役をします。例えば○○にはスリンガー閃光弾が有効です!とか裂傷を負った際はアステラジャーキー食べると回復します!みたいな感じで。しかし受付嬢、私のことを相棒呼びするしストーリーも共に進むのに一緒には戦ってくれないんです。味方ではあるけど戦力ではない。今回のNEWSもそんな感じなのかなぁ。
あとはそうだなぁアプリゲームでいうと学園モノのゲームだと最初のチュートリアルを先生がやったりしますよね。そのゲームの登場人物ではあるけど攻略はできないキャラ。そういう立ち位置もありますよね。あとは私たち側がFPS(一人称)なのかTPS(三人称)なのかも不明瞭ですよね。

発表会-INTER-
脚本:高橋拓 作曲・編曲:☆Taku takahashi(m-flo)

今回、紹介するプロダクトは聴覚経由。
そう。耳から脳にシンクロしまるで本当にその世界に入ったような感覚を体験できます。

せっかく聴覚に関するギミックを入れたならダミーヘッドマイク要素のあるトラックあればおもしろかったかも!とふと思いました。ていうかやってほしい。(願望)(まだ間に合うJEの人頼む)すごい技術なので一部の人にしか知られてないのもったいない!(笑)
興味のある方ぜひこちらの番組見てみると想像しやすいかもです!(すぐに宣伝をする)
tv.rakuten.co.jp

Digital Love
作詞:栗原暁(Jazzin'park) 作曲:☆Taku takahashi(m-flo), Mitsunori Ikeda(Tachytelic)
栗原暁(Jazzin'park)、久保田真悟(Jazzin'park)
編曲:☆Taku takahashi(m-flo), Mitsunori Ikeda(Tachytelic)

ぴこぴこ8bit感のあるキュートなラブソング
VR的なラブソングってこうなんか切ない感じのイメージ(たぶんキンキのVirtual Realityの影響)が
あったのですがこうポップに歌い上げるのがさすがNEWSといったところ。

真夏のスノービーチ 水着でホーリーナイト
想定外のシチュエーション
月のレストランで とびきりのディナーで
(Virtual Love Wonder Love キミの隣で)

Kissしよう キミとLet's update

歌詞がめちゃくちゃかわいい!!2番Bメロの歌詞もロマンティックで素敵!
PSVRで話題になったサマーレッスン的なソレなのかな?
サビラストにもあるようにキスすることで新たなステージ(デート場所)開放されたり
しちゃうんですかね。(これは本当に深読みしすぎ主観)

最後に

他の方のエントリー見るたびにこれはもしかしてこういう意味なのかな?とか
とか考えてしまうアルバムでした最高!
ここ最近、ツアーに連動アルバムなので前々回から不参加の私は蚊帳の外かなと
いじけていましたがやはりNEWSの歌う曲が好きなのでやめられないです。
現地にいけるか今のところ未定なのですが、機会があれば全貌を解き明かしたい!(たぶんNEWSくんのことなので全部は教えてくれない)
ただのヲタク語りなのでなんの解決にもなっていませんが、もしこれを読んでくださった考察班の方の気づきになれたらと願いながら筆を置く次第。